石川県 金沢市 遊郭

石川県の金沢市は全国有数の遊郭地帯だった

石川県といえば温泉が有名な観光地であり、
南北に温泉街がいくつも点在しています。

 

そのうちのひとつの和倉温泉には
加賀屋という顧客満足度1位の旅館があり、
ホテル不況を忘れさせる盛況振りを見せてくれています。

 

バブル期はどこも加賀温泉郷もすごかったですが、
今では当時ほどの活気はなく廃れるまではいかないまでも
衰退の足音がどんどん聞えてくるようです。

 

その一因となっているかどうかは不明ですが、
風俗をなくせば観光客が減るという声もあります。

 

たしかに温泉街と風俗街は隣接してることが多く、
そのようなイメージを抱いてる人は少なくありません。

 

加賀温泉郷にもいくつかソープはありますが、
条例が厳しいことから年々店舗数が減少しており、
ついにはヘルスは全滅にまで追い込まれてます。

 

昔では考えられない惨状が続いています。

 

今はごく限られた地域にしか店舗型風俗が
存在しませんが昔は石川県各地に
遊郭があったことをご存知でしょうか?

 

遊郭は江戸時代から終戦後までに存在した風俗街の別名で、
当時は公に存在が認められていたのです。

 

戦後は遊郭はだめだとアメリカに言われましたが
国自体は風俗街を認め、その地域を赤線地帯と
呼ばれるようになります。

 

しかし昭和33年の売春防止法が施行されると
年々条例も厳しくなっていき、
歴史情緒を重んじる石川県など
都道府県ごとに縛りのきつさが変わっていきます。

 

今では考えられませんが、
当時は温泉街より多くの遊郭がありました。

 

金沢市には愛宕町の1,2,3番町の東郭、
石坂町の30〜45番地の西郭、石坂新町・川岸の北郭、

 

市外になると松住町、美川町、鶴来長、小松町、
七尾町、珠洲郡、羽咋郡そして輪島にまであったのです。

 

規模は町の大きさに比例したと思いますが、
最も大きな色街だったのは石坂の西郭で、
100人以上の遊女がいたとされています。

 

石川県全体では200は軽く超えていたでしょう。

 

妓楼(風俗店)の数も同じくらいあったと見られています。

 

最近摘発があったことからほとんど寂れていますが、
石川最後のピンクタウンといわれるのは
北陸最大の繁華街の片町付近にある石坂で、
手招きするおばちゃんがけっこういたようです。
(今で言う増泉1丁目あたりです)

 

石川県はその昔、加賀百万石といわれるほど栄えた地であり、
大変な城下町が築かれていました。

 

そのことから遊郭の需要も凄かったのだろうと思います。

 

今で言う名古屋くらいの都市規模があったそうですから、
ある意味自然な流れでしょう。