金沢 ソープ

金沢市内にはソープランドが1件もないので期待してはいけない

郊外から金沢市に訪れる人で、
風俗で有名な場所はどのあたりですか?
という質問をする人がいます。

 

金沢は北陸最大の都市で発展著しい街の一つですので
風俗街が1つや2つあってもおかしくない規模です。

 

よってそれを連想する人もおおそうですが、
残念ながら風俗遊びは全く期待できません。

 

といいますか金沢市内はソープもヘルスもないので
遊ぶとしたらデリヘルを呼ぶしかないです。

 

特にソープは条例で厳しく制限してるので
隠れた店舗も全く存在していません。

 

ヘルスはどういった名目かはわかりませんが
おそらくソープとほとんど同じだろうと思います。

 

いわゆる上にたつ者のさじ加減でどうとでもできます。

 

風営法も関係してくるので地方自治体が出来ることは
法律の範囲内に限られますが、禁止要項にいたっては
ある程度自由が利く感じですね。

 

例えば法律でこの場所にソープを営んではいけない
という決まりがある場合、条例でもその場所を
営業許可地域にすることはできません。

 

あくまで法律が全ての基本となるわけです。

 

ところが法律上で禁止ではないとされる場所を
禁止にする事はできるのです。

 

金沢市はその典型例になります。

 

石川県は数百年前は加賀の国として
繁栄した場所であり日本有数の大都市でした。

 

しかも空襲の被害を受けなかったこともあり、
歴史的に重要とされる建物が今でも無傷で残ってます。

 

そういう背景も考慮したのか、
風俗はふさわしくない存在であり、
観光にも影響が出かねないと思ったのでしょう。

 

観光地として栄えている土地は
人口をはるかに超える人々が押し寄せるので
それにアプローチしたくなるのは当然のことです。

 

売り上げがあがるということは
税収も増えるということですから
影ながら街を支えることにも繋がると思います。

 

しかし石川県の場合はそんな考えは微塵もないようで、
県庁所在地のみならず県全体をソープ禁止区域に
指定してしまっているのです。

 

そのため石川県内で唯一のソープ街として知られる
片山津温泉の風俗店も気が気でない毎日を
過ごしているのかもしれません。

 

実際悪質な営業をしていないソープランドの1つが
強引に廃業させられてしまった事件があったので、
今度は自分らかと思う経営者がいてもおかしくありません。

 

しかもその店はかなりの人気店で、
存続を求める署名まで集まったにも関わらず、
県はそんなことをおかまいなしです。

 

昔は和倉や粟津温泉にもソープがあったようですが、
今では潰れてしまってるようなので、
徐々に包囲網が迫ってきてるような雰囲気です。